MENU

50代以上の白髪の原因・対策・予防

50代になると多くの方が白髪が増えて困っているという声を聞きます。50代の白髪には次のような原因があります。

 

50代以上の白髪の原因

50代になると白髪が増えるのは、加齢による原因がほとんどです。年齢とともに、体内の老化が始まりますが、衰えるのは皮膚や体だけではありません。頭皮も徐々に老化していきます。頭皮が老化して酸化し始めると、頭皮が固くなり血流不足になります。すると若いころは血流の流れで充足されていた栄養素が頭皮に届かなくなります。それが頭皮の栄養不足となり、頭皮は不健康な状態となります。髪を育てる頭皮の状態が悪くなるとこれまで正常に行われた髪の成長サイクルが乱れ、健康な髪が生えてこなくなります。これが薄毛や抜け毛の原因となるのですが、白髪にも悪影響を与えます。二つ目がホルモンバランスです。特に女性は閉経を迎える50歳前後は極端に女性ホルモンが少なくなります。女性ホルモンには頭皮に潤いを与える働きがあるので、これも頭皮環境を悪化させる原因となります。また更年期障害などでストレスが溜まったり、体調が悪くなることが影響することもあります。日常生活の中でも年々運動をする機会が少なくなるとそれも頭皮の血行不良へと繋がります。頭皮が血行不良になると、健康で豊かな黒髪は育ちにくくなります。これが白髪にも影響要因となります。

 

50代以上の白髪の対策・予防

50代の白髪対策や予防としては、頭皮マッサージをおすすめします。頭皮マッサージは頭皮の血行不良を防ぎ頭皮の血行を高めます。頭皮マッサージは、薄毛や抜け毛の対策にもなりますのでどちらの目的にもよい方法です。頭皮マッサージは、市販の頭皮マッサージオイルなどを使用することもできますが、育毛剤でも同じ効果が得られます。育毛剤は、血行促進成分と育毛促進成分が同時に配合されているので、頭皮マッサージをしながら行うことでさらに2つの効果が高まります。白髪対策には頭皮の状態を良くすることが大切なので、白髪対策をしながら薄毛や抜け毛対策も同時に行えます。そして頭皮のツボ押しもおすすめです。髪や頭皮の健康によいツボがいくつもあります。同時に日常生活のなかで運動などをしていく、頭皮の状態を良くすることにつながります。ヨガやウォーキングなどの適度な運動は新陳代謝を高め、頭皮を良い状態でキープしていくことができます。これで白髪ができにくいことになります。