MENU

20代の白髪の原因・対策・予防

白髪というと、中年以降というイメージがありますが20代でも白髪が生えることはあります。20代の白髪には次のような理由があります。

 

20代の白髪の原因

20代で白髪になる原因には、間違えたシャンプー方法です。日ごろの間違えたヘアケアが頭皮や髪にダメージを与えていることがあります。これらが頭皮にダメージを与え、頭皮の悪い状態にさせ、頭皮の乾燥や頭皮トラブルの原因となっていることがあります。そのため、良い髪を育てるのに大切な頭皮の健康が損なわないように、正しいシャンプーを行うことが大切です。間違えたヘアケアとしては、刺激の強いシャンプーや、朝夕2回の頻繁すぎるシャンプー、熱湯や冷水などによるシャンプーなどがあります。このような間違えた習慣が白髪の原因となっていることがあります。二つ目は、パーマやカラーなどの影響です。パーマやカラーの強い刺激が頭皮にダメージを与えます。特に20代の方は、髪のオシャレが優先で頭皮の健康を後回しにしているかもしれません。しかし、白髪には頭皮の健康が大切です。パーマやカラーのやりすぎには注意しましょう。三つめは生活要因です。バランスの悪い食事や不規則な生活、運動不足などが白髪を起こす原因となっているかもしれません。四つ目は遺伝的な要因です。もし両親のどちらかが若白髪であれば、本人も同じ体質を引き継いでいることがあります。

 

20代の白髪の対策と予防

20代の白髪の対策や予防には次のようなことがあります。まずはヘアケアを見直しましょう。シャンプーは正しい方法で行い、なるべく頭皮に刺激の少ないアミノ酸系シャンプーや植物由来、天然成分配合、無添加のものを選びましょう。頭皮に負担をかけないことが白髪の発生を防ぎます。二つ目は、パーマやカラーなどは最小限に抑えることです。最低でも2ヶ月に1回程度に抑え頭皮や髪に刺激を与えないようにしましょう。三つめは生活改善です。バランスの良い食事をして、髪の構成要素であるタンパク質などを重点的に摂るようにしましょう。良質のタンパク質は、大豆、全粒穀物、マグロなどにたくさん含まれています。そして美しい髪を保つのに有効なビタミン、ミネラルなども有効です。さらに十分な睡眠や程度な運動も頭皮の血行不足を防ぎ、頭皮の状態を整えます。日々の生活改善で、20代の白髪を予防することができますので、髪や頭皮に良い生活をするように心がけましょう。